秋田病理組織細胞診研究センター

業務案内

A K H 研究センターの受託項目

業務案内

 AKH研究センターは、「患者中心の医療!その一員として」という設立当初の初心を胸に、業務に取り組んでいます。

1.病理組織学的検査
2.細胞診検査
3.特殊染色標本作製
4.免疫組織学的検査

  • 業務案内
  • 業務案内
  • 業務案内

業務上の主な特色

報告書への写真貼り付け

当センターでは、報告書全例に顕微鏡写真を貼り付けております。これは、臨床医に病理診断と細胞診断を身近に感じ、文章では伝わらない診断内容についての理解を深めてもらいたい意図があります。

報告書の精度向上のために

担当技師は、受け持った病理検体について、報告書作成までの一連の作業を担当。包埋・薄切・染色から、診断・写真の選定・報告書の作成・コンピュータへのアップロードまでを行います。このことにより、結果報告の精度向上と、ス タッフの責任感の醸成を図っています。

学会での研究成果発表

当センターでは、各種学会での発表を精力的に行っています。個人レベルでの研究も行い、経験・技術・知識の向上を目指しています。

診断報告書

ここが違う!

特徴

  • 依頼書と報告書が一体になっており、見やすくなっています。
  • すべての報告書に顕微鏡写真を添付しますので、臨床医が病理診断を理解しやくすなっており、またお問い合わせにもすばやく対応いたします。
  • 手術摘出検体の場合、詳細な切り出しメモ・顕微鏡写真を添付します。

病理組織診断報告書(見本)

報告書1

  • 報告書2
  • 病理学検査用1
  • 病理学検査用2
  • 病理学検査用3

検査案内書

診断報告書

ページの先頭へ